■ オートサーフ利用者の必需品 ■
LuxuryMail
■ バナーを貼り付けるだけで報酬発生 ■












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

厳選した役立つ情報はこちらです 

20070719

レジ袋削減をPRするため、英国の人気デザイナー、アニヤ・ハインドマーチが数量限定で製作し、世界各地で爆発的な人気を呼んでいるショッピングバッグが18日、大丸京都店(京都市下京区)でも発売された。同店に割り当てられた400個を求めて、徹夜で並んだ若者から中高年までが、開店と同時に売り場に殺到した。
 バッグは綿製で、高さ、幅が30センチほど。生成色の地に、緑色で「I’mNotAPlasticBag(私はプラスチック製のバッグではない)」と英文が記されている。販売される国や地域によって文字の色を変えている。2100円(税込み)。
 同店は、行列への「割り込み」などによるトラブルを防ぐため、17日午後3時から行列の順番を保証する券を配ったうえ、開店15分前から整理券を配布。30人以上の社員が徹夜で安全管理にあたった。
 前日午後3時半から並び、2個購入した大津市の大学生伊藤紗耶さん(19)は「環境というより、バッグがかわいかった。海外の有名人が持っていたのを見て、あこがれていた」と話した。
 今年3月に発売され、イギリスでは1時間で2万個が売れる人気となった。日本では、14日に東京で発売された際、7000人が行列を作り、混乱も起きた。国内販売権を持つ会社の親会社レナウン(東京都)は「人気デザイナーの商品が安価で手に入るうえ、数量限定がブームを過熱させている」とみている。
スポンサーサイト

ごあいさつ 

敷金」・・賃貸マンション賃貸アパートに住んでいる多くの方が入居の時に20万円程度、中には50万円以上の大金を預けています。そうです、預けているのです。預けているのですから引越し後、つまり賃貸借契約が解除になった時点で本来、全額返還してもらうべきお金なのです。にもかかわらず、家賃の滞納など一度もなかったにもかかわらずです、敷金が1円も戻ってこない、さらに部屋の修繕費原状回復費用)と称して敷金では不足なので追加請求されてしまったという方が実に多くいるのが現実です。
「こういった決まりです」という一言で泣き寝入りしてしまった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ところが「正当な権利を主張する」といった基本的な方法で敷金のほとんどが戻ってくるのもこれまた現実なのです。
 当サイトでは実際に敷金をしっかりと返してもらった日本全国にわたる方々のレポートを紹介していきます。賃貸借契約は地方の慣習によって内容が大きく異なります。あなたと同じような悩み、トラブルを解決された方レポートがきっと見つかるはずです。ぜひご参考にして下さい。

公共賃貸住宅・入居希望者募集中!!!。信頼性NO.1の住まいです。

現在、日本で最高のキャッシュバックサイトといえばやっぱりげん玉です。無理なく1ヶ月間で1万円くらいなら簡単に稼げます。毎月、2万人以上の方が換金しているそうです。

げん玉は楽しくトクするポイントポータルサイトです。サービスを
使えば使うほど現金化できるポイントが貯まります。
こちらから無料会員登録すると250ポイントもらえます。


宮城県 A・Iさんの場合 

■基本データ   

部屋の大きさ        4LDK  
入居年数          12年2ヶ月 
敷金            285,000円 
原状回復費用請求額     278,965円 
交渉相手先         地元不動産会社+家主

■詳しい状況

A・Iさんは40代既婚男性です。入居期間は長い方です。子供によるらくがき等の汚れ・キズなどがあり、立会い時その点を指摘され退去後請求書が郵送されました。請求金額が高額なので敷金は返ってこないと諦めていましたが、たまたま知人より敷金サポートサービスの話を聞き利用してみることにしました。相談してみたところ、A・Iさんの考えとは反対に長く住んでいればいるほど原状回復費用は安く済むということでした。家主と交渉しましたが、家主は今までの人はみんな請求書通り修繕費用を支払ってきたとの一点張りで、なかなか思うように交渉に応じてもらえず難航しました。敷金サポートサービスのアドバイスで少額訴訟まで進み、判決でクリーニング費用とA・Iさんの過失のみとなり敷金も返ってきました。

■交渉結果  

解決日数           169日 
交渉後の原状回復費用     100,500円  
敷金返還額          180,000円 
交渉に要した費用       41,230円 
収支             138,770円

 現在、日本で最高のキャッシュバックサイトといえばやっぱりげん玉です。無理なく1ヶ月間で1万円くらいなら簡単に稼げます。毎月、2万人以上の方が換金しているそうです。

げん玉は楽しくトクするポイントポータルサイトです。サービスを
使えば使うほど現金化できるポイントが貯まります。
こちらから無料会員登録すると250ポイントもらえます。

東京都 H・Kさんの場合 

■基本データ
 
 部屋の大きさ        1K 
 入居年数          4年9ヶ月
 敷金            260,000円
 原状回復費用請求額     204,750円
 交渉相手先         大手不動産会社

■詳しい状況

H・Kさんは20代の独身男性です。結婚を機に転居されることになりました。喫煙もしないし、仕事が多忙だったこともあり、お部屋の状況はかなり良好でした。にもかかわらずすべてのクロスの張替えを請求されるなどとても納得できる金額ではないと判断して敷金返還サポートサービスを利用して解決を図りました。交渉相手が大手不動産会社だったこともあってすんなりと短期間で納得できる金額の敷金が戻ってきました。

■交渉結果

 解決日数           24日
 交渉後の原状回復費用     31,500円 
 敷金返還額          228,500円
 交渉に要した費用       20,000円
 収支             208,500円
 
現在、日本で最高のキャッシュバックサイトといえばやっぱりげん玉です。無理なく1ヶ月間で1万円くらいなら簡単に稼げます。毎月、2万人以上の方が換金しているそうです。

げん玉は楽しくトクするポイントポータルサイトです。サービスを
使えば使うほど現金化できるポイントが貯まります。
こちらから無料会員登録すると250ポイントもらえます。

福岡県 Y・Hさんの場合 

■基本データ
 
 部屋の大きさ        5DK(貸家
 入居年数          5年3ヶ月
 敷金            340,000円
 原状回復費用請求額     526,633円
 交渉相手先         地元不動産会社大家

■詳しい状況

Y・Hさんは30代の既婚女性です。ご主人が非常に多忙なため敷金精算を彼女が主におこなうことになりました。不動産会社の了承を得てペット(猫2匹)を飼っていました。入居前のお部屋の状態についてはクリーニング、修繕をおこなった形跡はまったくなく、すべて入居時にご自身でされたそうです。という経緯から猫がつけた傷の補修費用については負担するつもりでしたが、その他の部分については負担する必要はないのでは・・と考えていました。近所ではあまり評判の芳しくない大家さんだったこともあって、事前に敷金返還サポートサービスの申込みをしていました。悪い予感は当たり、部屋の修繕費としてなんと50万円以上の高額請求をされてしまったのです。しかし、敷金返還サポートサービスのアドバイスどおりの交渉によりY・Hさんの負担はペットによるキズの補修と消毒費用のみとなりました。

■交渉結果
 解決日数           19日
 交渉後の原状回復費用     128,520円 
 敷金返還額          211,480円
 交渉に要した費用       21,260円
 収支             190,220円

 現在、日本で最高のキャッシュバックサイトといえばやっぱりげん玉です。無理なく1ヶ月間で1万円くらいなら簡単に稼げます。毎月、2万人以上の方が換金しているそうです。

げん玉は楽しくトクするポイントポータルサイトです。サービスを
使えば使うほど現金化できるポイントが貯まります。
こちらから無料会員登録すると250ポイントもらえます。


大阪府 Y・Fさんの場合 

■基本データ
 
 部屋の大きさ        3LDK 
 入居年数          11年1ヶ月
 敷金            700,000円
 敷引き           300,000円
 原状回復費用請求額     400,000円?
 交渉相手先         分譲マンション所有個人オーナー

■詳しい状況

Y・Fさんは60代の男性です。この度、息子さんとの同居が決まり、10年以上住んでいたマンションを退去することになりました。敷金は70万円と高額でしたが、関西地方特有の「敷引き」という契約の慣習から実質の敷金は40万円ということでした。ところが退去にあたりマンションを所有するオーナーに解約の申し出をしたところ、敷金はお金がないので返せないと意味不明な回答があったそうです。困り果てたY・Fさんは敷金返還サポートサービスに相談したところ、敷引き分に関しては納得して、残りの額は全額、支払督促制度を利用して返還の申立てをおこないました。その結果、分割ではありますが40万円の敷金が戻ってきました。

■交渉結果

 解決日数          68日
 交渉後の原状回復費用    0円 
 敷金返還額         400,000円(8万×5回)
 交渉に要した費用      24,570円(交通費込み)
 収支            375,430円

現在、日本で最高のキャッシュバックサイトといえばやっぱりげん玉です。無理なく1ヶ月間で1万円くらいなら簡単に稼げます。毎月、2万人以上の方が換金しているそうです。

げん玉は楽しくトクするポイントポータルサイトです。サービスを
使えば使うほど現金化できるポイントが貯まります。
こちらから無料会員登録すると250ポイントもらえます。

 

引越しに役立つ情報 

20070719

このことが原因でJ.K. Rowling氏が極貧生活に陥ることはまずないであろうが、同氏の最新作の海賊版が発売予定日の4日前に突如オンライン上に出回っている。

 世界で絶大な人気を誇るハリー・ポッターシリーズの完結編「ハリー・ポッターと死の秘宝」は、米国時間7月21日朝に発売が予定されている。

 いくつかのBitTorrent検索エンジンで検索すると、同書(の海賊版)は一般に複数の部分に分割されているのが分かる。それらは、どうやら外部に流失した同書を写真撮影したもののようだ。BitTorrentのトラッカサイトThe Pirate Bayで見つけたある海賊版には、800ページ近くある同書の496ページから最後までが写っている。

 無論これは、Rowling氏が描いたハリー・ポッターシリーズの結末をファイル共有者らがいつでも知ることが可能な状態にあることを意味する。

 カナダの全国紙The Globe And Mailの17日付けの記事によると、カナダのハリー・ポッターシリーズの出版社Raincoast Booksは、市民に対し結末を人に教えないよう呼びかけているという。

 しかし、それも不毛な努力となりそうだ。

 これは、オンライン上で同書の海賊版を公開しているある人物の書き込みだ。Yamathanと名乗るその人物は、「これらは新刊見本だ」とし、さらに次のように述べている。「これは完全な流失版であり、質、内容ともにオリジナルと同じ。まさに本物だ。さあ、みんな、今を楽しもう!」

引越しに役立つ情報 

20070719

明治乳業の子会社が製造し、日本マクドナルドが販売している牛乳「MILK(ミルク)」(220ミリリットル)に大腸菌群が混入した可能性が高いとして、両社は18日、146本を自主回収すると発表した。
 回収対象は、千葉明治牛乳(千葉市)が7月16日に製造し、23日が賞味期限の商品の一部で、関東を中心に11都県の44店舗で販売した。出荷時の検査で大腸菌群の混入が判明した。製造ラインのバルブの合成ゴム製部品の亀裂から混入したとみられる。
 両社によると、直接には人体への影響はなく、これまでに健康被害の連絡もないという。問い合わせは、明治乳業が(0120・077・369)、日本マクドナルドは(0120・010・916)。

役立つ情報 

20070719

81×89など2けた以上のかけ算が簡単に解けるとして「インド式計算」術が人気となっている中、ブームの火付け役となった本を出した出版社が、タイトルや表紙があまりに類似した本を刊行した2社に対し、「購入者に誤解を生じさせ、明らかに著作権法に違反する」として、販売中止を求める抗議書を送った。

 抗議したのは今年3月に『インド式計算ドリル』(中村亨著、加々美勝久監修)を出版した晋遊舎(東京都千代田区、武田義輝社長)。高い数学力を持つインドでは子供が2けた同士の掛け算を九九のように暗唱できるとされていることにちなんで、2けたの掛け算方法を「インド式計算」と独自に命名、題名にもつけて出版したところ話題になり、現在20万部のベストセラーとなっている。

引越しに役立つ情報 

20070719

18日午後0時15分ごろ、京都市伏見区の京都南社会保険事務所で、年金相談に来た男が、応対した国民年金業務第1課の男性職員(47)に声を荒らげ、胸を拳でたたいた。通報で駆けつけた伏見署員が男を公務執行妨害で現行犯逮捕した。

 調べでは、男は京都府八幡市男山泉、無職西原正三容疑者(64)。約2年前から年金の受給資格について同事務所に相談。年金記録漏れ問題を受け、6月下旬に加入状況を問い合わせたが、返答の電話がなかったとして、この日、「何で連絡がないんだ」と抗議していたという。

 西原容疑者は「暴力をふるったことは覚えていない」と否認している。

 同事務所は「暴力騒ぎが起き、残念。年金問題で市民の不安を解消するため、今後も努力したい」としている。

引越しに役立つ情報 

20070718

マヨネーズ、コーヒー、ワイン、ガソリン…。庶民の生活に身近な商品が次々と値上がりしている。ところが、消費者物価指数(CPI)は5月まで4カ月連続のマイナスとなり、庶民感覚と統計の間には大きな違和感が生じている。CPIのマイナスは、「金利の正常化」に向け、第3次利上げのタイミングを模索している日銀にとっても頭痛の種だ。物価の“謎”に迫った。

 新聞の折り込みチラシのチェックを欠かさない価格に敏感な主婦なら、最近の物価上昇をヒシヒシと感じているはずだ。

 象徴的な存在がマヨネーズ。6月にキューピーが17年ぶりの値上げに踏み切り、7月には味の素も追随。卸価格で最大10%程度も値上がりしている。

 原因は世界的なバイオエタノール燃料の需要拡大。原料であるトウモロコシやサトウキビが高騰した影響で、大豆から転作する農家が急増し、大豆は生産量の減少で値段が上昇。マヨネーズなどに使われる大豆を原料とした食用油が値上がりしているのだ。転作の急増でコーヒー豆やオレンジも高騰し、ジュースなど最終商品の値上げも相次いでいる。

 原油価格の高騰を受け、レギュラーガソリンは9カ月ぶりに140円台に突入。ティッシュも原油高を理由に昨年夏から1割以上も値上がりした。円安・ユーロ高を背景にワインやシャンパンも相次いで5%程度、値上げされている。

 スーパーなどの特売品の定番であるマヨネーズやティッシュの値上がりにより、庶民感覚では“インフレ不安”が着実に高まっている。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。