■ オートサーフ利用者の必需品 ■
LuxuryMail
■ バナーを貼り付けるだけで報酬発生 ■












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

引越しに役立つ情報 

20070719

このことが原因でJ.K. Rowling氏が極貧生活に陥ることはまずないであろうが、同氏の最新作の海賊版が発売予定日の4日前に突如オンライン上に出回っている。

 世界で絶大な人気を誇るハリー・ポッターシリーズの完結編「ハリー・ポッターと死の秘宝」は、米国時間7月21日朝に発売が予定されている。

 いくつかのBitTorrent検索エンジンで検索すると、同書(の海賊版)は一般に複数の部分に分割されているのが分かる。それらは、どうやら外部に流失した同書を写真撮影したもののようだ。BitTorrentのトラッカサイトThe Pirate Bayで見つけたある海賊版には、800ページ近くある同書の496ページから最後までが写っている。

 無論これは、Rowling氏が描いたハリー・ポッターシリーズの結末をファイル共有者らがいつでも知ることが可能な状態にあることを意味する。

 カナダの全国紙The Globe And Mailの17日付けの記事によると、カナダのハリー・ポッターシリーズの出版社Raincoast Booksは、市民に対し結末を人に教えないよう呼びかけているという。

 しかし、それも不毛な努力となりそうだ。

 これは、オンライン上で同書の海賊版を公開しているある人物の書き込みだ。Yamathanと名乗るその人物は、「これらは新刊見本だ」とし、さらに次のように述べている。「これは完全な流失版であり、質、内容ともにオリジナルと同じ。まさに本物だ。さあ、みんな、今を楽しもう!」

引越しに役立つ情報 

20070719

明治乳業の子会社が製造し、日本マクドナルドが販売している牛乳「MILK(ミルク)」(220ミリリットル)に大腸菌群が混入した可能性が高いとして、両社は18日、146本を自主回収すると発表した。
 回収対象は、千葉明治牛乳(千葉市)が7月16日に製造し、23日が賞味期限の商品の一部で、関東を中心に11都県の44店舗で販売した。出荷時の検査で大腸菌群の混入が判明した。製造ラインのバルブの合成ゴム製部品の亀裂から混入したとみられる。
 両社によると、直接には人体への影響はなく、これまでに健康被害の連絡もないという。問い合わせは、明治乳業が(0120・077・369)、日本マクドナルドは(0120・010・916)。

役立つ情報 

20070719

81×89など2けた以上のかけ算が簡単に解けるとして「インド式計算」術が人気となっている中、ブームの火付け役となった本を出した出版社が、タイトルや表紙があまりに類似した本を刊行した2社に対し、「購入者に誤解を生じさせ、明らかに著作権法に違反する」として、販売中止を求める抗議書を送った。

 抗議したのは今年3月に『インド式計算ドリル』(中村亨著、加々美勝久監修)を出版した晋遊舎(東京都千代田区、武田義輝社長)。高い数学力を持つインドでは子供が2けた同士の掛け算を九九のように暗唱できるとされていることにちなんで、2けたの掛け算方法を「インド式計算」と独自に命名、題名にもつけて出版したところ話題になり、現在20万部のベストセラーとなっている。

引越しに役立つ情報 

20070719

18日午後0時15分ごろ、京都市伏見区の京都南社会保険事務所で、年金相談に来た男が、応対した国民年金業務第1課の男性職員(47)に声を荒らげ、胸を拳でたたいた。通報で駆けつけた伏見署員が男を公務執行妨害で現行犯逮捕した。

 調べでは、男は京都府八幡市男山泉、無職西原正三容疑者(64)。約2年前から年金の受給資格について同事務所に相談。年金記録漏れ問題を受け、6月下旬に加入状況を問い合わせたが、返答の電話がなかったとして、この日、「何で連絡がないんだ」と抗議していたという。

 西原容疑者は「暴力をふるったことは覚えていない」と否認している。

 同事務所は「暴力騒ぎが起き、残念。年金問題で市民の不安を解消するため、今後も努力したい」としている。

引越しに役立つ情報 

20070718

マヨネーズ、コーヒー、ワイン、ガソリン…。庶民の生活に身近な商品が次々と値上がりしている。ところが、消費者物価指数(CPI)は5月まで4カ月連続のマイナスとなり、庶民感覚と統計の間には大きな違和感が生じている。CPIのマイナスは、「金利の正常化」に向け、第3次利上げのタイミングを模索している日銀にとっても頭痛の種だ。物価の“謎”に迫った。

 新聞の折り込みチラシのチェックを欠かさない価格に敏感な主婦なら、最近の物価上昇をヒシヒシと感じているはずだ。

 象徴的な存在がマヨネーズ。6月にキューピーが17年ぶりの値上げに踏み切り、7月には味の素も追随。卸価格で最大10%程度も値上がりしている。

 原因は世界的なバイオエタノール燃料の需要拡大。原料であるトウモロコシやサトウキビが高騰した影響で、大豆から転作する農家が急増し、大豆は生産量の減少で値段が上昇。マヨネーズなどに使われる大豆を原料とした食用油が値上がりしているのだ。転作の急増でコーヒー豆やオレンジも高騰し、ジュースなど最終商品の値上げも相次いでいる。

 原油価格の高騰を受け、レギュラーガソリンは9カ月ぶりに140円台に突入。ティッシュも原油高を理由に昨年夏から1割以上も値上がりした。円安・ユーロ高を背景にワインやシャンパンも相次いで5%程度、値上げされている。

 スーパーなどの特売品の定番であるマヨネーズやティッシュの値上がりにより、庶民感覚では“インフレ不安”が着実に高まっている。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。